ひつじの雑記帳*

本と野球と珈琲紅茶。たまに映画。

気がつくと観たいと思っていた映画の公開が終了している人へ

※これはとくにこだわりのない映画館ライトユーザー、もしくは映画館初心者向けの記事です。ガチの映画館ヘビーユーザー向けの内容ではありません。

「気づけば観たいと思っていた映画の公開が終了している」「観に行きたいけど1本1800円とか2000円はやっぱり二の足を踏む」「何だかんだで半年から1年に1回くらいしか映画館に行かない」という人は結構多いのではないかと昔の自分を顧みて思い、そんな人がもう少し気軽に映画館へ(2~3ヶ月に1回くらいは)行けるようになれたらいいなと思ったので記事にまとめます。

今よりマメに映画館で映画を観る方法

・最寄りの映画館のサービスデー、サービス内容をチェックしておく
大概どこの映画館でもやってるサービスデーで有名なものは、
・ファーストデー(毎月1日)
・レディースデー
・レイトショー(20時以降上映開始の回)
あたりだと思う。このほかにメンズデー(最近はやってないとこもある)とかモーニングファーストショー(午前中1回目の上映)なんかも有名かもしれない。

が、大抵の映画館でこれ以外の独自のサービスを行っている。例えば「毎週〇曜日は〇〇デー」とか「毎月〇日は〇〇デー」とか「〇〇カードの提示で〇百円引き」といった、半年に1回しか行かない層には気づけない細かな割引がひっそりと存在する。

まずは近くの劇場のウェブサイトや劇場案内をきっちり読もう。またシネコンの場合、こうした情報は映画館全体のトップページには書いていない。映画館のトップページ→劇場を探す→最寄りの劇場のページ→★料金案内★に辿り着いて初めてこうしたことが書いてある。まとめてトップに書いててくれよと思うが、料金設定は同じ系列の映画館でも館ごとに違ったりするので仕方ない。こうしたサービスをうまく使おう。

・映画は公開してから2週間が勝負
映画の公開日は決まっているけれど、終了日は決まっていない。評判がよければ半年上映することもあるし、下手をすれば1週間で打ち切りになることもある。(とくにミニシアター)いつまで上映するかは映画館側でも公開してみないとわからない。そうでなくとも余程の話題作でない限り、公開から2週間が過ぎた頃にはがくっと上映回数が減ってしまう

混んでると嫌だから空いた頃に行こう」とか思っているのが一番ダメなパターン。時期が外れてから観に行こうとタイムテーブルを確認すると、既に1日1回上映になっていて行きたい時間に上映してないあるあるを経験した人は絶対にいると思う。私だ。

それに映画は毎週新作が公開されている。主にシネコンの場合、最初は大スクリーンの一番大きいシアターで上映していても、日が経つごとに少しずつ小さいシアターでの上映に移されていく。同じ料金を払うのなら、大きなスクリーンで観たいじゃないか。

「公開日なんていちいち気にしてない」と思う人もいるかもしれないが、CM等で華々しく「大ヒット上映中!」と宣伝が始まったらとりあえずタイムテーブルをチェックしたほうがいい。大体の映画は公開初日からヒットしてなくても大ヒット上映中という宣伝を流す。そしてCMが流れなくなったらもう上映回数は減っています。

ついでに混んでるのが嫌なら夕方~レイトショーの時間帯を狙おう。休日の昼間とかに比べたら話題作でも若干マシです。

・映画館に行ったらチラシラックを要チェック
映画館のチラシラックには、既に公開している映画のチラシはありません。すべてこれから上映される予定のチラシに変わっています。そのチラシには必ず公開時期等々が書かれています。そこで気になる映画の公開日をざっくりチェックしておくとよいでしょう。

ライトユーザーにおすすめな松竹系映画館

で、ここまで書いてとくに設備や音響にこだわりのない方におすすめしたいのがMOVIXやピカデリーの松竹系映画館でやっているSMTメンバーズカード。いきなりダイレクトマーケティングかよと思うでしょうが、他のシネコンの会員制度と比べて一番お得な気がする。(ただし2019年6月現在の情報なので、今後変更されることもあるかも)

・年会費なし、手数料は最初のカード発行費のみ
毎月映画を観に行くほどではないライト層にとって、年会費無料はありがたい。発行手数料も通常100円くらいだったはず。たまに映画とコラボして、限定柄でピンバッジやコースター等のおまけ付きみたいなキャンペーンをやっていることもあり。

・あってないような有効期限
カード自体には有効期限がありません。1回観ると10ポイント貯まり、6回観て60ポイント貯めると無料鑑賞クーポンと交換できる。で、このポイントに有効期限がある。それは最後に映画を観た日から半年後で、何ポイント貯まっていようが半年以上観ないとポイントが0になってしまうため、そこは注意が必要。

逆に半年に1回でも観れば有効期限が延長されるので無限にポイントを貯め続けられるが、60ポイント貯まったらさっさと無料クーポンと交換して使ってしまうのがおすすめ。何故なら無料クーポンで観るとポイントが付かず有効期限も伸びないから。なので無料で観るときはカードのポイントを0にしておくのが無難。そして無料クーポンに交換すると有効期限が交換日から60日になってしまうので、忘れないうちに使ってしまおう。

・1000円で鑑賞できる誕生日クーポンが届く
誕生日には土日祝関係なく1000円で観られるクーポンが配信される。有効期限は配信日から60日。うっかり配信されていることに気づかないことも多いため、たまたま観に行ったときに気づいて「割引クーポン届いてる!」と勝手にラッキーな気分になることもある。

・有料鑑賞で割引クーポンが届く
これが地味に使える。松竹系メンバーズカードはサービスデーで観ても前売券を使っても、有料鑑賞をすれば翌日に劇場購入で1300円、ネット購入だと1200円で観られるリピーター割引クーポンが配信される。有効期限は配信日から60日。

これも土日祝関わらず使用できるクーポンなので、普段休日にしか行けず1800円とかで観ている層からすると、この割引はデカイ。たぶんこのクーポンがあれば、「1800円じゃなあ…」と思って半年に1回くらいしか映画館に行かなかった人も、「1200円なら観てみようかな?」という気になるはず。私はなった。

恐るべきはこのクーポンを使って観ても有料鑑賞扱いになるので、その翌日にまた同じ「リピーター割引クーポン」が届くということ。こうして延々1300円または1200円で観られるループが完成する。もちろんクーポンを使って観てもポイントは貯まるので、コンスタントに2ヶ月に1回観ていれば1年に1回は無料で観られることになるわけです。

なんだかこうなるとまんまと松竹側の策略に嵌まっている気もするけれど、それくらい映画館も必死なのだと思います。詳しくはウェブサイトをご覧ください。
https://www.smt-cinema.com/members/

・うっかりカードにポイントを付け忘れたら
例えば「ネットで買ったとき、会員ログインしないでチケット買っちゃった!」「チケット買った後で会員カードあったことに気づいた!」というときは、チケットとカードを窓口に持って行くとポイント後付けしてくれます。ただし鑑賞日翌日以降は後付けできないので、必ず映画を観に行く日に窓口行ってください。

最後に

・映画は映画館で観るために作られている
当然のことですが映画は劇場で観るのが一番です。やはり映画館のスクリーンと音響による迫力から得られる感動は、家のテレビで観たときの何倍も大きい。(これをいい意味で映像と音の暴力と呼んでいる)とくにハリウッドの超大作や最近のアニメーションなんかは、スクリーンでないと魅力が半減してしまうよ。

・浮いたお金でポップコーンやパンフレットを買おう
そしてここまでいかにお金をかけずに映画を観るかってことを説明してきたのですが、やっぱりサービスデーとクーポンばっかり使われたらどこの映画館も商売上がったりです。映画をマメに観るためには近くに映画館がないといけないので、そこが潰れないためにも浮いた数百円は飲食代にしてください。ドリンク1杯でも、パンフやグッズでもいいよ。