ひつじの雑記帳*

本と野球と珈琲紅茶。たまに映画。

冬に読むのにふさわしい:小川洋子『沈黙博物館』

最近とても久しぶりに、昔よく読んでいた女性作家の本を読みました。

大きな鳥にさらわれないよう

大きな鳥にさらわれないよう

 
不時着する流星たち

不時着する流星たち

 

何がどう面白いかを伝えたいけれど、昔に比べてそれを表現する熱量がものすごく落ちているような気がすると思い、そういえば昔のブログで『沈黙博物館』について書いたなと思ったのでその記事を引っ張り出してみたのですが…

今読み返してみると、とても文章を書くことに慣れてない(今も慣れてないけど、と言いたいけれどそれは上達していない言い訳のような気がする)感じがありあり。でも、好きなものがなぜ好きかということを表現したかったんだなとは思います。

ちょっとだけ『不時着する流星たち』について書きますが、これも小川さんが得意な、普通には生きづらい人たちの短編集でした。実在した人物や物事をフィクションに絡める形の物語です。(短編の最後に、元となった人物や物事が紹介されています)

直近で最後に読んだ小川さんの本は『人質の朗読会』だったのですが、『不時着する流星たち』のほうがしっくりきました。言葉は優しく美しいのにひたひたと怖くて不気味。そうそう、これが小川洋子だよね。

きっと『博士の~』や『人質の~』のように一般受けはしない。でも好きな人には深く刺さる。Amazonのレビューを見ても高評価、でもレビュー数は多くない。それが何よりこの物語の質を表しているように思います。

そして川上さんの『大きな鳥にさらわれないよう』にも似たものを感じる。私はすごい話だと思って読んだのですが、そこまで話題にもならず、特に売れてるふうでもない…でも川上さんの本質も、たぶん『センセイの~』よりこっちのような気がしちゃうな。

前置きが長くなりましたが、これより下がタイトルに沿った記事です。

※以下の記事は以前運営していたブログより、2012年12月に投稿したものです。

沈黙博物館 (ちくま文庫)

沈黙博物館 (ちくま文庫)

 

いつのまにか12月ですね。寒いわけだ…。

まるっとひと月近く更新していなかったのですが、生きていました。とくに何かをしていたわけではないのですが、いつも気がつくとひと月くらい経っています。でもそのあいだにちょこちょこと本は読んでいました。

小川洋子「沈黙博物館」(筑摩書房)。
読んだのはちくま文庫版でしたが、ハードカバーの装丁が素敵でしたので。
(いえ、ちくま文庫版もそれはそれで素敵な仕上がりです)
追記:現在ハードカバーは絶版のようで、画像は文庫版です。

ものすごくざっくりとあらすじを説明すると、ある村にある博物館を作るためにやってきた博物館技師の青年と、博物館を作ることを依頼した老婆と、老婆の養女である少女の話。その博物館とは、その村の人々の形見を展示するというものでした。

ざっくりすぎますが、あまり細かく語ることには意味がない。
とにかく博物館を作るということがこの話の中心なのです。

最初から、とにかくすごい小川ワールド。そこがどこなのか、年代はいつなのか。そういうことは一切わからない。誰一人、名前すら語られないまま話は進む。けれどそれに違和感を感じることはなく、むしろわからないことで物語のなかに引き込まれていく。

淡々とした語り口でありながら、ページを捲らせる静かな魔法がかかっている。

先日「うたかたの日々」のことを書いたとき、現実からすこしだけずれた世界の物語をもっともっと読みたい、と書いたけれど、これはまさしくそういう物語。

小道具の使い方も絶妙です。博物館技師の大切な持ち物である顕微鏡とアンネの日記
繊細な卵細工に、少女のブラウス。雑貨好きにはたまりません。というわけで、序盤からとても好きだな、すごく好きだな、と思って読んでいたのですが…

話が進めば進むほど、ひたすらにおそろしい。身の危険を感じるおそろしさではなく、精神的に追い詰められるおそろしさ。けれど文章は淡々としていて、すこしも暴力的なかんじではない。そこがまた、ひたひたとこわいのだ。

私には、この村全体がひとつの博物館のようにも思えます。そこに閉じ込められて、そこから出られない人々。読み終えたあとは、何とも言えないやるせなさが残りました。
が、小川さんはきっと、この小説を楽しんで書かれたのだろうと思います。小川さんの好きそうなものが、たくさん散りばめられていますので。

苦手な人は苦手かもしれない。けれど、好きな人は好きだろう。
私はおそろしいと言いつつも、きっともう一度読むだろう。

そういう物語です。