ひつじの雑記帳*

本と野球と珈琲紅茶。たまに映画。ブログ名を変更しました。

秋田にあるもの、美味しいもの

ブログを更新したいと思いつつなかなかできないのは、はてなのエディタが私のモバイルPCだと遅くなるからだと思う。何しろメモリが2GBでタブレットより少ない。

ならタブレットで更新すればいいじゃないかと思うけれど、長い文章などはやはりキーボードで打ち込みたい。言い訳がましいことはわかっているが、新しいモバイルPCが欲しい。

ところで思い立って秋田に行って来ました。東北住まいでありながら、東北六県で秋田だけ行ったことがありませんでした。正直、行くまでは秋田って何があるかな…とか思っていたのですが、すごくいろいろありました。

小安峡

f:id:chifuyu-lib:20180719154801j:plain

全国的に見れば、秋田はまだ30℃以下で過ごしやすい(というわけでもないが)はずだったのですが、至る所から硫黄を含んだ蒸気が噴き出してきて暑い。そして熱い。ぷしゅー、という蒸気が噴き出す音まで暑苦しかった。

f:id:chifuyu-lib:20180719155138j:plain

しかも帰るためにこのような底の見えない階段を上らないといけないんですよ。死ぬ、と思いながら振り返って撮った写真。

川原毛地獄

f:id:chifuyu-lib:20180719155311j:plain

最初に秋田に行こうとした理由はここです。そんなに地獄でもない気がしたのですが、昔の人はここを地獄と呼んだのか。

f:id:chifuyu-lib:20180719155527j:plain

どこまで行っても真っ白で、天国と言われてもまあそうかな、と思えそう。しかしここも蒸気がもくもくと噴き出して硫黄のにおいが立ち込めていて、しかもそれが有毒で現在立ち入り禁止になっているところもあった。人が死ぬなら確かに地獄だったかもしれない。

横手市増田 内蔵のある町

f:id:chifuyu-lib:20180719160002j:plain

ここは完全にノーマークで、お昼に入った稲庭うどんのお店でポスターを見て来たのですが、予想以上に情緒溢れるところでした。こんなところがあったとは。

f:id:chifuyu-lib:20180719160152j:plain

こうした古い建物が続く通り。

f:id:chifuyu-lib:20180719160233j:plain

蔵座敷がたくさんあって中を見せて頂ける所もあるのですが、(ここは見るだけだった)分厚い扉に鉄格子の窓を見て、「これは監禁されて育てられるところでは…」と思うほどには江戸川乱歩に毒されている。外から鍵をかけられたら絶対に逃げられない。

f:id:chifuyu-lib:20180719160558j:plain

何より「おお…」と思ったのは、一見旅館かと思った個人宅「旧石田理吉家」。入館料300円。昭和12年施工。日本家屋の3階建ては初めて見たかも。石田家は酒造業で財を成し、後に病院経営もしていたそうで、所謂地元の名士だったのでしょう。

f:id:chifuyu-lib:20180719160857j:plain

f:id:chifuyu-lib:20180719160920j:plain

f:id:chifuyu-lib:20180719160943j:plain

洋間もある。ここに一族郎党が集められて金田一耕助が推理を始めるんだ…と言いながら、バシャバシャ写真を撮りまくりました。横手市増田、面白い。

田沢湖

f:id:chifuyu-lib:20180719161544j:plain

翌日は田沢湖に行ったのですが、前日から一転、一日中曇り空だったので観光案内で見るような透き通った青い湖は見られませんでした。一度だけパアア…と陽が差したときはすごく青くなりましたが、一瞬のことでした。エフェクトかければ青くならないかなと思ったのですが、取ってつけたような青さになった。

抱返り渓谷

f:id:chifuyu-lib:20180719161845j:plain

昨日のうちに田沢湖に来るんだった…と失意のまま向かった抱返り(だきかえり)渓谷のほうがすごく綺麗でびっくりでした。田沢湖より青い。水の透明度が半端ない。とても綺麗。

f:id:chifuyu-lib:20180719162152j:plain

f:id:chifuyu-lib:20180719162221j:plain

青い、そして涼しい。妖精とか妖怪とか出てきそう。秋田は水が綺麗なんだな。

f:id:chifuyu-lib:20180719162354j:plain

回顧の滝。ここに来るまで軽くトレッキングする感じなのでヒールやサンダルでは行けない。ほとんど明かりのない洞窟も通ったりするので、冒険心が満たされる。

というわけで、秋田に見るべきところはたくさんありました。何があるのとか思っていて申し訳ありませんでした。

最後に秋田で食べた美味しいもの。

f:id:chifuyu-lib:20180719163157j:plain

稲庭うどん!最初は全然気にしておらず、小安峡のあたりで「このへんは稲庭うどんがキロ単位で売られているな」と思ったら、すぐ近くが稲庭うどんの名産地でした。しょうゆだれとごまだれ、どちらも美味しかった。「佐藤養助」は仙台にも支店がある有名店でした。

f:id:chifuyu-lib:20180719163556j:plain

田沢湖にある「山のはちみつ屋」のはちみつポークピザ!ちゃんと石窯で焼いている。ローストポークがはちみつ漬けでほんのり甘く、テーブルには追いはちみつできるようにはちみつが置いてあるので更にかけて食べる。はちみつもくどくなくて美味しかった。

あと横手焼きそばも食べました。食べ物も美味しかったです、秋田。