ひつじの本棚*

本と野球と珈琲紅茶。たまに映画。

文学フリマ岩手に出店しますのお知らせ

f:id:chifuyu-lib:20180615120127j:image

賢治が好きな方も、よく知らないという方も。
ポランの広場で待ち合わせて、銀河ステーションまで行きましょう。

お知らせがいろいろと直前になりましたが、6月17日に盛岡で開催される文学フリマ岩手に出店します。新刊は上記の私的宮沢賢治ガイド本『ポランの広場で待ち合わせ』 B6判 フルカラー20P(本文16P)¥500 の1点です。

 f:id:chifuyu-lib:20180615120246j:image

いつもの癖で2種類作ってしまったのですが、内容、値段は同じです。付録に銀河鉄道の切符を挟んでいまして、その紙もクラフト紙と白色上質紙の2種類あるのでお好みの紙をお選びください。

表紙は星座図になっていますので、銀河鉄道の路線図としてご活用頂けます。とっても素敵な紙(もとは便箋)で、この紙がなかったらこの本を作ろうとは思わなかったかもしれません。

家庭用プリンタで作った手製本で20Pなのに500円はすこし高いな…と自分でも思うのですが、フルカラーなのでお許しください。しかし手製本を作るからには手製本にしかできないことをしよう!と考えて作りました。

『紅茶のある風景』を作ったときからそう思っていて、『紅茶のある風景』のときは表紙にレースペーパー、ページの途中に筋入りハトロン紙と更にレースペーパーを挟み、今回の『ポランの広場~』は表紙を2種類と切符を挟みました。

既刊の『紅茶のある風景』(¥200)と『窓辺の魔女』(¥100)も再販します。こちらもよろしくお願いします。

共に、手作りならではの楽しさを味わって頂けたらさいわいです。新刊についてはnoteにも詳しく書きましたので、よろしければご覧ください。

noteでは現在ファンタジー小説を定期更新しているので意外と更新できているのですが、はてなブログが全然書けていなくて悲しい。

この文学フリマ岩手が終わったら、今年に入ってから観た映画のまとめとか、いま観ているアニメのこととか、文フリ東京で買ったもののこととか書くんだ…

とか書くと死亡フラグみたいで縁起でもないですね。でもこの半年はずっとアウトプットの期間だったので、しばらくはインプットしたものの記録をつけたいと思っています。