ひつじの本棚*

本と野球と珈琲紅茶。たまに映画。

キッチンツールはお気に入りを探そう

f:id:chifuyu-lib:20180522155500j:plain

更新にあまり間が空いてしまうと誰も見に来てくれなくなるぞ…と思ったのでたまには気楽に記事を書いてみようかと思ったよ。(そして気楽に書いた記事のほうが読まれる気がするんだ)

久しぶりにホットケーキを焼いた。料理はするけれど、積極的にするほどではない。決して得意ではないし、誰かに作ってもらえるなら作ってほしい。人様の作った料理が食べたい。そういう人間がどうすればやる気を出して料理をするかと言ったら、それはもうお気に入りのキッチンツールを揃えるしかない。

とは言え、道具に対してそこまでのこだわりもなければお金もあまりかけたくはない。そうした人間がちまちまとお金を出し、少しずつ集めたキッチンツールを紹介したい。

ところで上のホットケーキ、なかなかいい感じに焼けていると思わないだろうか。厚さが1cm以上あって、焼き色も均一。まるで絵本に出てきそうだ。でもこれは私の腕がいいからではない。このように自画自賛できるのはフライパンのおかげだ。

www.kama-asa.co.jp

釜浅商店の鉄打出しフライパン、一番小さい18cmのものを持っている。普段の料理はスーパーで買った適当なテフロン加工フライパンを使っているが、ホットケーキを焼くときだけはこのフライパンを使うと決めている。何しろ仕上がりが全然違う。

今サイトを見ていたら、軒並み売り切れになっていて驚いた…私は5年ほど前に、『きょうの料理ビギナーズ』のテキスト上で通販していたときに買ったのだ。鉄のフライパンに憧れはあれど、手入れの難しさとやさしくない価格に二の足を踏んでいたところ、送料込みで5000円程度だったので試しに購入してみたのだった。

ほとんどホットケーキを焼く専用で、それ以外はごく稀にアヒージョを作ったり、ハンバーグを焼いてそのまま食卓に出し、アウトドアごっこをするのに使うくらい。それでもどうにか5年近く、錆も出さずに使っている。むしろ表面に油が馴染んで、やっとうちのフライパンになってきたような気がする。たまにしか使わないけれど、こういうアイテムをひとつ持っているだけで料理は楽しくなる気がする。

そしてホットケーキを載せているお皿も、とても気に入っている益子焼

www.yoshizawa-gama.com

よしざわ釜のラウンドリムプレート、オリーブグリーンを使っている。すっきりとしたデザインにセンスのある色味。何を載せてもカフェで出されたように見える。以前、大好きだった手紙用品店でこのお皿を買い、よしざわ釜さんのファンになってしまった。

しかしよしざわ釜さんも今や大人気店で、通販でも商品を買うことが難しい。(商品アップとほぼ同時に売り切れになるのでびっくりだ…)これだけセンス溢れる益子焼でありながら、そこまで高価(むしろリーズナブルだと思う)でないところも人気のひとつなのかもしれない。いつか益子の陶器市に行って、ひとつひとつ現物を見ながらお気に入りを探したいなと思っている。

手に入らないアイテムの自慢ばかりしてもただの鼻もちならない奴なので、ここから先は、たぶん今すぐ買えるものも紹介したい。

ダンスク/DANSKのホーロー鍋で北欧スタイルの暮らし

埋め込み表示ができなかったので、モノについては直接リンク先を参照されたい。サイトがおしゃれなので「北欧、暮らしの道具店」にリンクを貼ったが、amazon楽天でも販売している「DANSK」のホーロー製コペンスタイル両手鍋、18cmのものを持っている。(ちなみに北欧風と銘打っているが、DANSKはアメリカの会社である)

f:id:chifuyu-lib:20180522163700j:plain

写真を撮っていなかったかなと思って探したら、外見はよくわからないものしかなかった。とりあえずホーロー鍋なので、このようにジャムを煮るのに最適なのである。私が持っているのは深い紺色だが、もうこの色は販売されていないらしい。色に惹かれて購入を決意したところもあるので、買っておいてよかった。でも赤や白も可愛いよね。

これも、存在を知ったのは『きょうの料理ビギナーズ』のテキストだった。(キッチンツールに限らず、ビギナーズのテキストはセンスがいい)ただそのときはちょっとお高い(16000円くらいだった)と思ったために涙をのんだ。その後、アウトレットでDANSKを発見し、この鍋は半額以下の6000円くらいで買ったと思う。(傷ものということだったが、店員さんさえこれは傷なのかどうか…と言うほど些細なものだった)

キッチンツールで鍋と言ったらまず挙がるのがル・クルーゼやストウブだと思うが、私からしてみればどちらも滅茶苦茶に高い。しかも重い。手入れが大変そう。ひとついい鍋が欲しいとは思うものの、何を買ってよいのかわからぬところにDANSKが現れたのはさいわいだった。そこまで重くはなく、コンパクトで、その上可愛い。性能でみれば確かにル・クルーゼやストウブには劣るのかもしれないが、そこまで本気で料理をするわけでもない人間にはDANSKで十分だ。DANSKの鍋は主にジャムや肉じゃがなど、煮ることに重きを置く料理に使っている。

それから料理をストレスなくするために欠かせないのが各種シリコンツール!みんな大好き、私ももちろん好きな無印良品からはこのアイテムをおすすめしたい。

無印良品 | シリコーン調理スプーン長さ約26cm
無印良品 | シリコーンスパチュラ約長さ26cm

既に多くの方がお持ちであろうとは思うが、まだ知らないという方のために説明したい。とくに上の「シリコーン調理スプーン」は革命と言ってもいいほど使い勝手がいい。炒める、混ぜる、分ける、掬うが全部これひとつで可能なすぐれもの。

おまけにテフロン加工のフライパンを傷つけることもなく、とろみのある料理の餡の一滴さえ無駄なく掬い取ることができる。これを使うようになってから、麻婆豆腐の豆腐が食器に盛るまでにぐずぐずに崩れるということもなくなった。こういう細かなことからストレスフリーになるのは料理をする上で大事なことだ。

というわけで、料理にやる気が出ない人ほどお気に入りを探してみようという話でした。