ひつじの雑記帳*

本と野球と珈琲紅茶。たまに映画。

本まわり

ショップ取り扱いのお知らせ

新しいPCを手に入れても全然更新できていませんが、突然のお知らせです。 『ポランの広場で待ち合わせ』の新エディションを作りました。 表紙に贅沢な紙を使った豪華版です。以前のエディションに比べるとフォーマルな雰囲気で教科書っぽくなり、ジョバンニ…

文学フリマ岩手に出店しますのお知らせ

賢治が好きな方も、よく知らないという方も。ポランの広場で待ち合わせて、銀河ステーションまで行きましょう。 お知らせがいろいろと直前になりましたが、6月17日に盛岡で開催される文学フリマ岩手に出店します。新刊は上記の私的宮沢賢治ガイド本『ポラン…

コミティア124で買ったもの

私は自分でも書いたりしますが書き手としての比重は1割くらいで、残りの9割はよき読み手でありたいと思っています。読んでいるほうが楽しいです。そして好き!と思ったものはどんどんシェアしたい派です。 そうした理由で熱量があるうちに記事を書きたいと思…

文学フリマ東京ありがとうございました

はてなブログは久しぶりの更新でした。いま前回の記事を読み返してみると、杉元に対する愛があまりにガチ過ぎて引きますね。でもそのままにしておきます。 そして文学フリマ東京も無事に終了していました。noteには記事を書いていたのですが、はてなブログは…

私も『ゴールデンカムイ』が大好きだ

おすすめ記事に載せて頂き、読者さんとPVが急激に増えてうれしいを通り越して戸惑っています…中途半端なおたくが好きなことを好きなときに語るだけのブログです。面白いことはとくに書けないかもしれません。すみません。でもありがとうございます。 そして…

文学フリマ東京に出店しますのお知らせ

4/14 追記:noteに試し読みの記事を書きました。よろしければどうぞ。 note.mu 5月6日の第26回文学フリマ東京に「ひつじの本棚*」というサークル名で出店します。 一箱古本市に出店したことはあっても同人誌即売会に出店するのは初めてのことで、申し込んで…

私的研究本:短篇作品集コレクション

2015年に仙台で行われた本のイベント「Book!Book!Sendai」の企画のひとつに、自分が研究しているテーマを発表し、それにまつわる本を3冊紹介するというものがありました。そのとき私が選んだテーマが、短編の物語についてのこと。 自分で選んだテーマだと…

マンガ大賞2018:ノミネート作品すべて読みました

マンガ大賞2018が発表されました。 www.mangataisho.com 3年前からノミネートされた作品をすべて読んでおりまして、自分用の備忘録を兼ね、今年読んだ作品の感想を少しずつ書きます。とても個人的な感想です。※2017年中に刊行された巻までしか読んでおらず、…

奇跡のような、ほんとの話

チャリング・クロス街84番地―書物を愛する人のための本 (中公文庫) 作者: ヘレーン・ハンフ,江藤淳 出版社/メーカー: 中央公論社 発売日: 1984/10/10 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 17回 この商品を含むブログ (38件) を見る 人の手紙を読むことは、他…

日本十進分類法を擬人化する

そもそも何故擬人化しようと思ったのかと言えば、図書館に勤めていたとき、それまで特に気にしたことのなかった書架の並びがそれぞれ個性的で、性格が違うところに人間味を感じてしまい、「この書架には黒縁眼鏡をかけたこじらせ系インテリが住んでいそうだ…

大正時代の痕跡本が面白い

国立国会図書館デジタルコレクションというサイトをご存知でしょうか。 ざっくり説明すると、国立国会図書館が収集しているデジタル資料を検索・閲覧でき、古いものでは奈良時代の古典籍から、最近だと2000年代の書籍まで様々な資料を一般公開しているサイト…

本棚の中で眠る:BOOK AND BED TOKYO

もう一年以上前の話ですが、池袋にある「BOOK AND BED TOKYO(ブックアンドベッド東京)」に泊まったときの感想を覚書程度につらつらと書きます。(2017年1月時点の情報です) 一時期予約が取れないと言われていましたが、そこまで先取りせずとも楽天トラベ…